放射能教祖・武田邦彦TV引っ張りだこ!怯まぬ「いかがわしさ」に期待

印刷

「情熱大陸」(TBS)2011年7月24日23時~

   工学者武田邦彦に密着。武田は現在、「ホンマでっか?!TV」にも出演する名物教授だ。原発事故直後から自身のブログで政府のウソを指摘し、母と子のために放射能の危険性と対処法を綴るなどで話題になっている。
   福島第1原発から60キロ圏内の公園でガイガーカウンター片手に歩き回る武田は憤る。

「人々がここで休日を楽しむのを全部うばっちゃって。それは戦争で負けたのと一緒だけども、全然裁かれないのはなぜ」
   武田の講演では熱心に聞き入り、さまざまな質問をぶつける親たち。武田の答えに一喜一憂し、不安が取り除かれると涙さえ浮かべる。進むべき道を指し示してくれる武田は小さな子供を持つ福島の親たちにとっては教祖様のような存在になっているようだ。
   「政府はないものと思って行動しよう」「政府がなんかやってくれると期待してる間に子供はやられちゃうよ」「未来をあきらめないから今を黙ってはいない」と武田の言葉は力強い。
   番組では「受けを狙って話す科学者に批判の声も多い」というナレーションとともに、(「放射能ヒステリー」を煽る「武田邦彦」の正体)などという週刊誌のページを見せていたが、トンデモ学者呼ばわりされることも気にせず、「いかがわしさの中に真実がある」と堂々としたものだった。2年前に「原発は地震で倒れる」と著書に綴っていた武田。その「いかがわしさ」に今後も注目だ。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中