エイミー・ワインハウス「ヤク代」に毎週5000ドル

印刷

   英国人歌手エイミー・ワインハウスさん(27歳)の突然の死を悼むコメントが、ネットに殺到している。警察の検死結果が気になるところだが、一部ではエクスタシーとアルコールの過剰摂取によるものと、具体的な薬物の名前を出した報道もある。これまでもアルコールや薬物のリハビリ施設の入所を繰り返してきたワインハウスは、ろれつの回らない状態でステージに上がりブーイングを浴びたり、ファンといざこざを起こしたりと問題が絶えなかった。

おびえていた「大物ミュージシャン27クラブ」入り

   若くして破滅してゆくミュージシャンはあまりに多く、とくに27歳で亡くなるミュージシャンには大物が多く、「27クラブ」という呼び名が付いているくらいだ。ワインハウスも27歳の死を予感していた節がある。ワインハウスのアシスタントをしていた男性は、25歳の頃の彼女は薬物に毎週5000ドルを使うというヤクまみれの生活をしながら「自分は27歳くらいで死ぬのではないか」としきりにおびえていたことを明かしている。

   「27クラブ」のミュージシャンには、ローリング・ストーンズの初期メンバーであるブライアン・ジョーンズや天才ギタリストのジミ・ヘンドリクス、歌手のジャニス・ジョップリン、ザ・ドアーズのジム・モリソン、ニルヴァーナのカート・コバーンらがいる。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメライター

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中