2018年 7月 17日 (火)

「もうテレビ終わっていいとも」アナログ終了中継に批判投稿

印刷

   7月24日正午をもって、地上波テレビ番組のアナログ放送がついに終了した。以降は、アナログ放送終了お知らせの字幕が画面に表示されるだけとなった。25日午前0時にはそれも消え、完全に停波。東日本大震災で大きな被害を受けた東北の三県やケーブルテレビのデジアナ変換世帯を除けば、アナログ放送は見られなくなった。

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)には、そんなアナログ放送「最後の時」の歴史的瞬間の映像が続々と投稿されている。なかでも、もっとも関心を集め、30万回以上再生されたのは、フジテレビの映像を録画したとみられる動画「アナログ放送終了の瞬間」だ。

「馬鹿騒ぎが気に食わん」

   当日放送されていたFNS27時間テレビ内の「笑っていいとも!」スペシャル放送で、司会のタモリさんが「アナログ放送、終了してもいいかな!?」などと呼びかけ、観客が「いいとも!」と答えるやりとりのあと、すっかりお祭りムードで、アナログ放送終了のカウントダウンがはじまる。サン、ニ、イチ、と声がかかり、ゼロの瞬間、青いバックに白い文字で「ご覧のアナログ放送の番組は本日正午に終了しました」との文字が表示された。

   動画のコメント欄には「なんか切ない」「さびしい」といったアナログ放送への郷愁をものから、「フジテレビの馬鹿騒ぎが気に食わん」「もうテレビは終わっていいとも」などのテレビ批判まで、思い思いの投稿が寄せられている。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中