鉄道事故で火が付くか?中国「第2の天安門事件」

印刷

   中国の高速鉄道事故から5日目の27日(2011年7月)、事故現場近くの温州の駅に犠牲者の遺族らが集まり、「事故原因の究明」を求めてデモ行進して駅を占拠した。そこへ「賠償金50万元(約600万円)」の話が飛び込み、「金じゃない、原因だ」と激高する姿もみられた。

   掲げられた横断幕には「真相を!」「死者に尊厳を」などと書かれ、当局の事故処理に激しい抗議の意思表示。従来なら当然動く警察も手を下さず、遠巻きに見守ったまま。国内世論に政府もピリピリしているのがありありだ。

メディアも圧力に抗して当局追及

   メディアは政府の圧力にもかかわらず、原因究明を求めている。追突された列車の運転士が「走らせることができた。そうすべきだったが、止まれと指示された」と証言していること、鉄道省が事故原因としている落雷はなく電源にも異常はなかったことなどを報じている。また、事故のあった区間は今月に入って大幅なダイヤ改正が行われたばかり。事故当時も乱れていて、衝突された列車は追突した列車の後を走っているはずだったことも明らかになった。

小倉:可能性ありますか

   中国政府は事故調査の専門家を現地に派遣、場合によっては刑事責任追及も辞さないとしているが、事故車両は近くの貨物駅に移されたものの、調査が始まった形跡はない。

   こうした人為ミスの可能性について、鉄道ジャーナリストの梅原淳は「故障がしばしば起るので、ATC(自動列車制御装置)を改良、あるいは解除してしまったのではないか」と見る。

   可能性としては、ほかにATCの破損、妨害電波による誤作動が考えられるが、ATCは信号が途絶えたり異常があったりしたときは、列車を止めるようにできている。それが止まらなかったのはフリー走行できる状態にしてあった可能性があるという。

杭州のデモでは「立て!人々よ」

   司会の小倉智昭「新幹線を輸出するためには、事故を人間のせいにしちゃった方が都合がいいのか…」

   福田和也(作家)「政治化している。中国国内でああいう反政府のデモは異様ですよね。腐敗とかもあるし。中国の社会情勢を見るうえで面白い」

   笠井信輔アナ「何が起こったかは、総合司令室は全部わかっているはず」

   小倉「だから穴掘って埋めちゃったんじゃないの」

   真鍋かをり(女優)「技術より人為的な方が怖い。運行システムがちゃんとするまでは乗りたくない」

   梅原「中国は車両を作るのが技術だというが、安全に運行するのも技術なんです」

   小倉「第2の天安門事件になる可能性はありますか」

   福田「あれだけ政府を追及する報道が出てくると、大きい転機になる可能性はありますね」

   新聞報道だと、杭州でのデモでは参加者が「立て、奴隷になることを臨まぬ人々よ」という中国国歌を歌ったという。なんともきわどい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中