元キャンギャル殺害犯・高間美花「泥沼の愛憎」―高校生で結婚・出産・離婚

印刷

   三重県名張市の観光キャンペーンギャル「ミス名張おとめ」だったクラブホステス・福田益美さん(27)が京都府木津川市で殺害された事件は、背景に逮捕された女性とその元交際相手の男性との泥沼のような愛憎があるようだ。リポーターの阿部祐二が追った。

男に切りつけ懲役3年

   事件があったのは7月21日(2011年)。福田さんがアパートの自室で刃物で刺されたうえ、首を絞められて殺害された。京都府警は奈良県大和郡山市のホステス高間美花容疑者(27)を殺人容疑で逮捕した。これまでの調べでは、福田さんが勤めていた奈良市の高級クラブの常連客の男性が、高間の元交際相手だったことから、高間が男性と福田さんの関係を邪推して襲ったとみられている。高間は容疑を否定しているという。

テリー:またより戻して…

   阿部リポーターによると、高間と元交際相手の男性との関係は数年前にさかのぼる。高間は高校1年で結婚し、2年で出産したが、この男性と知り合い離婚、男性と同居するようになった。しかし、2009年10月に男性を切りつけた罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、高間の親族は男性に付き合いをやめるよう要請。男性もいったん同意したが、その後、再び交際するようになったという。

   高間は昨年12月にも福田さんに男性との関係を問い質したことがあった。この時、福田さんは「別につきあっている人がいる。男性とは仕事上の関係」と否定、高間も納得したはずだった。ところが、それから7か月の後、凄惨な事件が起きてしまった。

いわれのない恨みで被害

   阿部の報告にスタジオには重い空気が漂う。

   キャスターのテリー伊藤「交際相手の男性は切りつけられるというトラブルがあったのに、またよりを戻した。ドロ沼の中で続いてきた関係だが、高間容疑者はどんな思いで生きてきたのか」

   コメンテーターのおおたわ史絵(内科医、執筆家)「きっと幸せではなかったのでしょうね」

   阿部「いずれにしても、福田さんはいわれのない被害を受けたと思います」福田さんは明るく元気で働きものだったという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中