漫画家・井上雄彦「各競技の日本代表 ユニフォームの色統一したら…」

印刷

   「スラムダンク」などの代表作で人気の漫画家・井上雄彦は、バスケットボール男女日本代表チームのニックネームが「隼ジャパン」に決まったことを受け、日本代表のユニフォームについて7月26日(2011年)にツイッターでつぶやいた。

    「ハヤブサジャパン。ふむ。こういうのは最初は何だって違和感あるもんだがいずれ慣れる。がんばれ隼」とエールを送った井上は、「ところでいつも思うんだが」と切り出した。

「日本代表のユニフォームは、競技が違っても、同じデザイン、せめて同じ色にしてもらえんものかな。スポーツで国を代表する意識、誇りは、競技の枠を超えて共有できるものであることは言うまでもないわけですし。」

   するとフォロワーからは、「オーストラリアとか、どの競技でもすぐ分かりますもんね!」「なにか日本特有の色に染めてみても面白そうですよね」「ロゴ、マーク、愛称も同じ問題感じます」などとさまざまな意見が飛び交った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中