2018年 7月 22日 (日)

漫画家・井上雄彦「各競技の日本代表 ユニフォームの色統一したら…」

印刷

   「スラムダンク」などの代表作で人気の漫画家・井上雄彦は、バスケットボール男女日本代表チームのニックネームが「隼ジャパン」に決まったことを受け、日本代表のユニフォームについて7月26日(2011年)にツイッターでつぶやいた。

    「ハヤブサジャパン。ふむ。こういうのは最初は何だって違和感あるもんだがいずれ慣れる。がんばれ隼」とエールを送った井上は、「ところでいつも思うんだが」と切り出した。

「日本代表のユニフォームは、競技が違っても、同じデザイン、せめて同じ色にしてもらえんものかな。スポーツで国を代表する意識、誇りは、競技の枠を超えて共有できるものであることは言うまでもないわけですし。」

   するとフォロワーからは、「オーストラリアとか、どの競技でもすぐ分かりますもんね!」「なにか日本特有の色に染めてみても面白そうですよね」「ロゴ、マーク、愛称も同じ問題感じます」などとさまざまな意見が飛び交った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中