2019年 1月 20日 (日)

伊良部秀輝(元ヤンキース)自殺!ロスの自宅で友人が発見

印刷

一人暮らしで「日本に帰りたい…」

   小倉「野球では凄いスピードボールを投げるんですが、記者の名刺を破ったりペンをへし折ったり、ブーイングにグラウンドでつば吐いたり、引退後も飲酒運転やったり、暴力事件などいろんなことがあった。ロスで1人暮らしだったようですが、日本に帰りたいといっていたという話です」

   まあ、小倉ならずとも、だれもが伊良部には一種の感慨がある。考えれば、20歳そこそこの若者がわがままいっぱいに生きたさまが浮かぶ。しかし、広岡監督とのあつれきのタネだった体重の問題とか、自己管理ができない人でもあった。

   ヤンキースの首脳が「150キロのフォークだよ」といっていたのが思い出される。1発打たれてカッとなって崩れるパターンは最後まで直らなかった。反面教師にしたらいいのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中