レイ・ハラカミ急死!吉高由里子「車に乗る度思い出す」

印刷

   音楽家のレイ・ハラカミ(原神玲)が7月27日夜(2011年)に脳出血のため他界した(享年40)。ソロ活動をはじめ、UAやくるりなどのプロデュース・リミックスを手がけたハラカミは、8月14日の「SUMMER SONIC2011」に矢野顕子とのユニット「yanokami」で出演する予定だった。訃報を聞いたアーティストらは、ツイッターにコメントを寄せている。

   篠原ともえは「出会ってくださり、たくさんのすばらしい音楽を心にとどけてくださり、素敵なユーモアと考えるべきメッセージをくださり、優しいお歌やライブを見せてくださり、わたしとってもとってもファンでした ずっとずっと大切にハラカミさん作品聞かせてくださいませ」とメッセージを残した。

   クラムボンのベース・mitoは「ハラカミさんと呑むといっつもいっつも遅くまでなって、普段は絶対口にしないようなことも平気で言ってみたりできて、とにかく楽しい思い出しかなかった」と話す。「ショックで放心状態でした」と話す女優・吉高由里子は「ハラカミさんの事は車に乗る度思い出すと思います これからも変わらず聴き続けます」とコメントした。

   レイ・ハラカミは亡くなる当日までツイートをしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中