2018年 7月 20日 (金)

「事故車両埋めてない。穴の中に置いただけ」笑うしかない中国弁解

印刷

   フルフェイスのヘルメットを被り、お手製の安全ベルトで座席に身体を固定している若者の姿。いったい何者なのか。司会のみのもんたが「これはネットに公開された事故後の中国高速鉄道に乗ったお客さんの写真です。もしかしたら、また事故がという不安がこの写真から読み取れます」とオドロキながら説明した。

乗客は「ヘルメットに手製安全ベルト」

   中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故では、信号システムのトラブルが事故原因の1つとされているが、同じような事故が河北省と遼寧省を結ぶ高速鉄道でも数年前に起きていたと中国紙が報じている。アナウンサーの加藤シルビアは「鉄道省が信号システムの問題点を知りながら、これまで放置していた可能性も考えられています」と伝える。

映像で残ってる

   鉄道ジャーナリストの梅原淳は、「今回の事故がなぜ起きたのかがきちんと解明されない限り、高速鉄道に対する内外の不信感はますます拡大するでしょう」という。

避雷針もなかった!

   中国当局は事故車両を地中に埋めて「証拠隠滅」を図ったという指摘は「事実ではない」と否定、沼地の足場を固めるために土を掘り出した穴に、追突で飛び散った破片などを一時的に入れたと主張している。

   みのもんた「なにを今さら言っているのか。運転席を重機で押しつぶして、穴に入れている映像まで残っているのに」

   また、高速鉄道には避雷針が設置されていなかったこともわかった。

   加藤「落雷対策が何もありませんでした」

   日本の新幹線では運行指令の担当者は10数人いるのが、中国では1人だけという。

   コメンテーターの池田健三郎(経済評論家)「コスト削減で削れるところまで削ったのが今回の事故につながったのでは」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中