福島原発で即死レベルの放射線測定!東電は外部流失ないと言うが…

印刷

   このごろ、「日本ではありえない」ことが立て続けに起き、ワイドショーの格好の材料となっている。中国の鉄道事故しかり、日本人議員の入国拒否しかり。しかし、中国や韓国の「異常さ」をあげつらい、日本の政府やマスコミや民度が高いことの満足感に浸る間もなく、この国ではけっしてありえなかったはずの重大な原発事故に関連して、異常な放射線数値が計測されたとの情報がもたらされた。

排気用煙突の下部で10シーベルト

   昨日(2011年8月1日)、福島第一原発の排気用煙突の下部で、10シーベルト/時が計測されたことがわかった。これは事故後、計測されたなかで最大の値であり、これまでとは文字通りケタが違う――。

笠井:3月からずっと

   この放射能は事故直後のベントに関連したものだそうで、いまごろになって、やっとその存在を把握したのだという。そんな調子で、これから先、いったいなにがどう出てくるのかと、視聴者的に底知れぬ不安がかきたてられる。「これ、3月からずっと続いていたということになりますよね」「これから遮蔽するというが、この数か月間、遮蔽されてなかったんですよね。そこがちょっと心配」と司会の笠井信輔アナ。

   もっとも番組が伝えるところの東京電力の説明では、これらの放射能は配管のなかから発せられているのであって、そこの放射性物質が外部に漏れ出すことはありえないとしているようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中