岩手肉牛も出荷停止!もう買っちゃってたらお金返してくれるの?

印刷

   政府はきのう(2011年8月1日)、新たに岩手県産の肉牛の出荷停止を決めた。6頭から基準値を超える放射性セシウムがみつかったためという。出荷停止は福島、宮城に続いて3県めだ。しかし、心配なのはすでに出荷されたものだ。森圭介アナが「われわれの手元に来てしまった肉をチェックする方法」を説明した。

HPで「回収対象」「追跡検査対象」「回収対象外」チェック

   独立行政法人の「家畜改良センター」が「汚染牛肉を判別する検索システム」をきのうから始めた。センターのホームページで、すでに購入した牛肉が大丈夫かどうかを教えてくれるという。購入した牛肉に付いている「個体識別番号」を入力すると、「回収対象」「追跡検査対象」「回収対象外」のどれかが出る。「追跡~」はまだ検査をしていない牛肉のことで、「回収」かこれが出たら(赤字で表示)、近くの保健所に連絡してほしいという。

テリー:領収書見せる

   キャスターのテリー伊藤「食べちゃった人はどうなるの」

   森「補償はまだ決まってないが、保健所と相談して販売店から返金してもらうことになる」

   テリー「領収書を見せるとか」

   森「それは販売店と」

   「そこをしっかりしないと、こんなシステムだけ見せられても困りますよね」とテリーの話はお金の方へいっちゃった。なおも「スーパーじゃなくて、小さなお店だと、仕入れたはいいが売れないとなると補償はどうなる」とお金が気になるらしい。

   ロバート・キャンベル(東大教授)「これはやはり店で把握してもらわないと困る。買ってきた肉を見て、ああ回収対象だというのはおかしい」

   香山リカ(精神科医)「外食とか給食ではわからないかもしれない」

   まあ、お金の方はあとでどうとでもなるだろうが、食べちゃって、番号も捨てちゃったらそれっきりだ。そうなったら、保健所だってどうしようもない。そもそもそんな肉が出回らないようにしないといけないのに、困ったことだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中