「スカルプD」2晩連続番組ジャック!日テレここまで魂売るのか

印刷

「今田耕司の嫁探し」(日本テレビ系)7月31日14時~

   「最後の独身大物芸人今田耕司がガチでお嫁さんを探します」という触れ込みの1時間特番。最初に「今田のお嫁さんに求める38ヶ条!」なる条件一覧が出るのだが、それがどう見ても40過ぎたオッサンが出す条件かという代物。
   一例を挙げると、<「ハーフ」もしくは「ロシア」人><「歯と歯茎」がキレイ><手を握った時しっくり感がある><よく遊ぶ場所が六本木でない><AVを探して捨てない>など。どう見ても本気で結婚する気などなさそうだ。
   そもそもこの番組自体かなりいい加減で、お嫁さん候補として連れてきた女性は、モデルやタレントといった活動をしている人ばかり。出演者もお見合い見届け人のマツコ・デラックスをはじめ、応援団の劇団ひとり、はんにゃ金田、オリラジ藤森、井出卓也など、その前日(30日)深夜に放送した「男を上げる!夜のお悩み相談会」とまったく同じで、1度に2つの番組を作ったのは歴然。しかもこの番組、「スカルプD」の1社提供で、CMの合い間に番組が流されているのかと思うほどCMが目立っていた。
   気になったのは、両方の番組に登場していた白衣の先生。「頭髪治療専門 城西クリニック院長 小林一広」という肩書きの頭髪治療専門の文字がなんか不自然。調べてみたら「スカルプD」開発ドクターだった。
   企業の番組ジャック。1社提供の大事なスポンサーだからといって、日本テレビもここまで魂を売っていいものか。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中