オバマ大統領に写真消された!マンUのフェルディナンド

印刷

   サッカーのイングランド代表で、マンチェスター・ユナイテッドのスターDF、リオ・フェルディナンド選手(32歳)が、ツイッターで「ルール違反」をやらかして、米国ホワイトハウスのセキュリティスタッフに。

セキュリティースタッフの写真ツイート

   フェルディナンドはシーズン前のプロモーションツアーで米国を訪れ、ホワイトハウスに招待されたが、予定されていたオバマ大統領との会見はドタキャンに。それでも、初めてのホワイトハウスに気を良くして、内部の見学を楽しみながらご機嫌でツイート。そこまではよかったが、つい調子に乗りすぎて「ここのセキュリティは手ぬるいね。補強した方が良いんじゃないの」などと冗談を飛ばし、セキュリティサービスのスタッフらを撮影した写真をツイッターに掲載してしまった。

   これに慌てたのがホワイトハウス。アップロードされた写真をたちまち削除してしまった。

「俺の写真が突然、消えたよ。いったいどうしたんだ」「俺の動きは誰かにスパイされてるみたいだぜ」

   フェルディナンドはめげずにツイートし続けている。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメライター

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中