「収穫するのが怖い」コメ農家がおびえる新米の放射能汚染度

印刷

   稲わらも汚染されている中で、今年の新米は大丈夫か。当然でてくる不安を受けて、新潟などの米どころで異変が起きている。政府は収穫期を前に、米の放射能検査を実施する方針だが、はたして主食の米の安全は保たれるのかどうか。

JA北魚沼「昨年産の古米は完売状態」

   都内のスーパーの米販売コーナーの前で、男性が「今日は米を40キロ買った。これで半年分は確保したが、できれば1年分は確保したいね」

   別の米穀店の店主は「一人で100キロ以上買った人もいます」

   こうした消費者は今後も増えそうだが、米どころでは昨年収穫された古米が4~5割アップで取引されているという。ブランド米の「魚沼産コシヒカリ」の産地、新潟県魚沼市のJA北魚沼の担当者は、「例年だと、この時期は昨年収穫した古米が800トンほどが倉庫に残っているが、今年はわずか80トン。3・11以降すごい引き合いがあり完売状態」と驚く。

汚染米がブレンドされる心配

   政府は収穫の前と後の2回、念入りに検査するよう18都府県の自治体に指示する方針だが、肉牛汚染の例もあり信頼を取り戻すのは難しい。肉牛と違って個体識別番号のない米は、流通段階で多少クロでもブレンドしてしまえば見分けがつかない。そんなことが発覚したら影響は計り知れない。

   コメンテーターの東ちづる(女優)は「徹底的に検査をしていただかないと。農家の方は収穫することで達成感を味わえる。農家の方たちは今、その収穫が怖いと言っているんですよ」という。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中