2018年 7月 17日 (火)

「黄門様やめないで」水戸市などTBSに直訴

印刷

   放送中のシリーズで打ち切りが決まった長寿ドラマ「水戸黄門」をもっと続けて欲しい―黄門様のお膝元・水戸市などの市長がTBSを訪ねて要望した。水戸市の高橋靖市長と光圀の墓がある常陸太田や那珂の市長ら3人は8月2日(2011年)、TBSテレビを訪問して番組継続を求めた。

   市長は「番組終了で地域の観光に大きな影響が及ぶ。イベントなどで協力するので、再検討を」と訴えた。これに対し、TBS側は番組継続は難しいとしながらも、再放送を検討することを約束したという。

   水戸黄門は1969年8月に番組がスタートして1200回を超える。79年には視聴率で43・9%を叩き出す「国民的時代劇」となったが、最近は一ケタ台であえいでいる。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中