「ポッキー」「CHOYA」CM珍妙ダンス誰が振り付けてるの?

印刷

   国会議事堂をバックに男女が奇妙なダンスをする「ポッキー」のCMを見た覚えはあるだろう。ほかにも、「アデランス」の新庄選手とか木村カエラ のプロモーションとか……。これらのユニークな振付けがいま注目されている。誰が振り付けているのかと上田まりえアナが訪ねた。振付家業「エアーマン」というのだそうだ。

振付家業「エアーマン」

   ダンススタジオに現れたのは男女5人。みんなが「エアーマンです」という。 ユニットなのだった。全部で7人 。「多分、日本では初めて」という。手がけるCMは年間約1000本。世界3大広告賞でもグランプリを総なめという実力と人気だ。

1人じゃできない

   この日に顔をそろえたのは、ストリートダンサー出身の杉谷一隆さん、タップ出身の菊口真由美さん、ストリートの左東小幸さん、クラシックバレー出身の海藤莉那さん、ジャズダンス出身の野本清さん。異なるダンスの面々だから、まずは話し合いだという。

「1人の考えだけだと自分の得意分野になっちゃう」

   数人で取り組むことで、より客観的な提案が可能になるのだそうだ。年齢層も10代 から40代と幅がある。

「CMを見る人は不特定多数。年齢もバラバラだから、それが見て面白い、かわいいというものを割り出す。(話し合いは)ミニマムのリサーチの場」

   例の「ポッキー」では、「今の日本を元気に」という壮大なテーマを投げられた。いろんな場所でやりたいという監督のキーワードがあって、150パターンくらい振付けをしたそうだ。その結果が国会、魚市場、遊園地、タクシー…になった。

   「CHOYA」などの「がにまたダンス」は不思議な動きが興味をもたれ、スガシカオのライブでは会場が踊り出した。「振付け冥利につきます」と杉谷さんはいう。

「スッキリ!!」バージョンも登場

   上田が担当するコーナー「おにゅーッス」の振付けを頼んだ。コーナーの音とナレーションを流すと、それをもとに話し合い約1時間半。3、2、1とVTRがスタートしたら、上田を入れて6人が横向き前傾ポーズでつながってステップ。さっと反転して、上田からウエーブを送って「スッキリ!!」ポーズで決めた。

   「オーッ」と声があがる。凄い。だが、司会の加藤浩次が上田に「1人でどうやるんだよ?」

   上田「私が取材した人たちを、ゆくゆくは集めてやろうかと」

   テーマは「つながり」なのだという。加藤も「来週からやってもらおう」とさっそく踊りの手つき。このあたりが、エアーマンの秘密なのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中