上地雄輔「ずぶ濡れの少年をクルマに乗せてやろうとしたら…」

印刷

   雨の日、タレントの上地雄輔が車を運転していると、向かい側の歩道に「ずぶ濡れの少年がビニール袋持って1人で立ってる」のを見かけた。

   かわいそうに思った上地は、自分の車に乗せてやろうと次の交差点でUターン。「ビニール傘とバスタオル用意して、オイラがタクシーの運転手さんになる準備をして」車を歩道側に寄せていったが、ふと気が付くと自分の車のすぐ前に、スピードを落とすバスの姿が。

「見事に目の前のバスに少年Aは吸い込まれました」

   これには上地も「なんのためにUターンまでしたんじゃ」とずっこけ。間の悪さに「スンゲー悔しい」とぼやきつつ、

「あいつ風邪ひかなかったかな」

と少年を気遣っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中