「違法駐車は戦車で踏みつぶせ」ついに市長がキレた!

印刷

   日本の都市部などでは自動車を駐める場所というのは常に問題で、駐車違反の取り締まりも厳しいが、東欧リトアニアの首都ビリニュス市でも、この問題には頭を悩ませているようだ。

東欧リトアニアの首都ビリニュス市

   番組によれば、同市の中心部では、ロールスロイス、フェラーリといった高級車が常習的に違法駐車して、道路の端にある自転車レーンを塞いでいた。駐車違反には罰金が科せられるが、こうした車を所有するお金持ちには痛くも痒くもないのだそうな。

   そこで、自らも自転車通勤をしているというアーチュラス・ズオカス市長は、ついに強硬手段に踏み切った。それは、戦車に乗って、放置車両をふみつぶす――というPRビデオを制作することだった。

   番組の取材に対して、市長は「ビデオを公開してから、クレイジーな市長が車をつぶしに来るぞ、と違法駐車がなくなった」と効果のほどを強調している。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中