布袋寅泰「オラオラ系じゃないよ。家では朝7時に起きて家事」

印刷

   「『トークッス』コーナー始まって以来の大物アーティスト登場」という。現れた布袋寅泰はストライプ の入ったダブルのスーツで決めていた。大柄な司会の加藤浩次ですら小さく見える。

   「なぜスーツを?」に「音楽でいうと、ブルースとかロックンロールのベーシックなコードみたいなもので、そこから遊びがあったり飲みにいったり…」と話す。

   キャスターのテリー伊藤「素材で変わりますね」

   で、いつもの「はまっているもの=プレゼント」もネクタイだった。

「食事作ったり、掃除したり、娘と過ごしたり…」

   視聴者からの質問は「家庭生活は?」「どんなお父さん?」。布袋といえば、やや強面のギタリスト、ロックンローラー。街の声を聞いても「亭主関白」 「家でもスーツ」「オラオラ系。怖そう」「授業参観に来てほしくない」(笑い)

ギターでガン!

   布袋「みなさん、誤解なさってますね。少なくともオラオラ系ではない」

   加藤「変わりましたか(大笑い)。そういうイメージで聞いてましたよ」

   布袋「それを作ったのはボクですけどね(笑い)。家事もしますよ。食事を作ったり、掃除したり、娘もいますから。9歳です」

   加藤が「うちよりひとつ下だ」

   ここで家の写真が出た。外光が入る明るい洋室に「Happy Birthday」の飾り付けがある。

   加藤「イメージと違って、明るいじゃないですか」(笑い)

   布袋「会社に行く仕事ではないので、時間があれば、なるべく一緒にいるようにしてる」

   加藤「彼氏とか連れてきたら…」

   布袋「そういうことはないことになってる」

   加藤「いやいやボクは心配。15歳くらいで…」

   布袋「自分の人生まだですけど、出会いだから、いい人と幸せになってほしいと思います」

   テリー「ギターでガンとやるしかない」

   加藤「挨拶代わりにぶんなぐるとか」(笑い)

   布袋「朝も7時には起きますし」

妻に怒られると「妙な緊張感」

   今回は占いはなしで、そのまま質問続行。

   ――ギターは?

   「家ではあまりあまりやらない。イメージはしてますが」

   ――何本くらい?

   「100本は切りましたかね。30年やってますから」

   ――娘さんには?

「ピアノもギターも教えてない。やりたくなったらやればいい。ボクもそうだけど、やれやれといわれるとやりたくない」

   ――奥様から影響受けたことは?

   「真面目な人だから、物事をじっくり見るようになりましたね」

   ――家の中が常に明るいような感じがする。

   「緊張感ありますよ。怒られたりして」

   ――怒られる?

   「妙な緊張感ありますよ」(笑い)

   30周年で「ALL TIME SUPER GUEST」というアルバムを出す。8月17日発売(2011年)。仲間たちとのコラボ集だという。Dragon ash、RIP SLLYME、シド、コブクロ、今井美樹、大橋トリオなどなど。「30周年に花束もシャンペンもいらない。代わりに1曲づつボクの曲を歌ってくれないかと」いうことなのだそうだ。7日には「ベストヒット・インUSJ」ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの野外特設ステージ。Char、今井美樹、大橋トリオがある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中