伍代夏子「C型肝炎ついに完治。マッコリ呑める」

印刷
「マッコリも呑めて幸せ~」

   演歌歌手の伍代夏子が8月4日(2011年)、長年患ったC型肝炎の「完治」をブログで報告した。

   伍代がC型肝炎感染を知ったのは17年前。昨年8月には公表し、インターフェロン治療を受け始めた。そして7月21日(2011年)、ついに主治医から「完治」の診断を受けたという。

   この日は事務所による完治祝いの会。伍代はスタッフたちとともに韓国料理に舌鼓を打ち、治療中は飲めなかったお酒を存分に味わっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中