2020年 10月 27日 (火)

宮崎駿・吾郎父子「コクリコ坂」公開延期の危機もあった葛藤

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。
(C)NHK
(C)NHK

   宮崎吾郎は6年前、父・宮崎駿の反対を押し切って同じ「アニメーション監督」の道を選んだ。先月(2011年7月)公開の映画「コクリコ坂から」はその吾郎の監督第2作、脚本は駿が担当した。その制作現場では父子の激しい葛藤があった。

   息子の実力を認めない父・駿。偉大な父を超えようともがく息子・吾郎。2人は主人公の人物設定に始まり、作品をめぐって何度となく衝突し、一時は公開延期の危機にまで追い込まれる。そんな中起こった東日本大震災。2人はぶつかり合いながらも、映画作りという同じ目標に向かってともに戦う。映画完成までの、父子の10か月を追った。

ふたり

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中