「年の差婚はカネ目当て」街の声1位にスタジオから「異議あり!」

印刷

   このごろ、芸能人が年のはなれたお相手と結婚するなか、番組は一般人の「年の差婚」夫婦を取材してみたという。あわせて「年の差婚と聞いてイメージすること」のアンケート(調査協力マクロミル)を取ったり、街の声を伝えた。

「日本人の保守的結婚観の表れ」

   「年の差婚のイメージ」アンケートの結果は、「お金目当て」が1位。2位が「世代間のずれ」。街の声では「おカネ持ってるから結婚したのかなとか。純粋に結婚したとは思えない」など、年の差婚にネガティブな意見が相次いで流れた。

   一方、スタジオでは、年の差夫婦の取材にあたった荘口彰久リポーターが「(世間の見方とは違って)お互いの愛情、わかりあおうとする意志がすごい」と純愛を強調。

   コメンテイターの竹田圭吾・「Newsweek日本版」編集主幹は「イメージで『カネ目当て』『世代のズレ』が上位にくるのは、日本人の結婚観、カップル観がいかに保守的かということのあらわれだ」と指摘する。

   その手の「保守的な結婚観」が日本人に顕著なことなのか――はよくわからない(番組では世界的な比較調査は行われていない)が、それはともかく、竹田は「(年の差婚を)奇異に見たりっていうのは、なるべく気持ちから排除するよう、心がけたほうがいいのでは」と偏見の打破を呼びかけていた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中