シャリース「シャケのおにぎり好き」スタジオで迫力の生歌

印刷

   アジアでナンバーワンのディーバ、フィリピンのシャリースがまた「スッキリ!!」に現れた。 前回は昨年7月(2011年)、プレゼントのドラえもんのぬいぐるみを喜んでいたのだが、その後がすごい。デビューアルバム「CHARICE」が全米アルバムチャート初登場8位というアジア人初の快挙。日本でも20万枚の大ヒット。さらにアメリカの人気テレビドラマ「glee」にも出演して、ひと皮もふた皮もむけた。とはいえ、まだ19歳だ。

ドラマ「ブルドクター」の主題歌

   ウエンツ瑛士のコールで登場したシャリースは、長い髪にトレードマークのハット、革スカート、ストッキング、全て黒で決めていた。

声量が違う

   キャスターのテリー伊藤「エレベーターで一緒だった」(笑い)

   gleeのシーンをバックに、出演の感想を聞かれて、「緊張したけど、みなさんがとてもよくしてくれたのでよかった。 (女優を)もっとやりたい」

   ウエンツ「有名になってどうですか」

   シャリース「日本の人たちにサポートされて嬉しい。ただ、プライバシーが必要というのをわからない人もいるのが、ちょっと」

   テリー「何が好き?」

   シャリース「シャケのおにぎり」

   司会の加藤浩次がウエンツを指して、「おにぎりなら、彼が上手い」などとたわいない話から、いよいよ生歌となった。

   日本テレビ系のドラマ「ブルドクター」の主題歌「Far As The Sky」をたっぷり3分。 パワフル、ソウルフル、こんなあどけない顔のどこにという迫力だ。

   加藤が「声量が違うな」

   テリー「しみ込むような…」

   加藤が「きれいになった。セクシー」と冷やかすと、「ノー、ノー」としきりに照れていたが、「ありがとう。10月にまたデヴィッド・フォスターと戻ってきます」とPRを忘れず。「ジャパンツアー2011」のことで、10月19日(水)、20日 (木)に東京国際フォーラム。「ポップとダンスがあって、前回とは違う」そうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中