2018年 7月 19日 (木)

東海テレビ「ぴーかんテレビ」打ち切りか―スポンサー次々降板

印刷

   東海テレビの情報番組「ぴーかんテレビ」が岩手県産コメのプレゼント当選者を「怪しいお米 セシウムさん」などとテロップで流した問題で、降板するスポンサーが相次ぎ、番組打ち切りの可能性が出てきた。

   金曜日のスポンサーだった子供服メーカー「ミキハウス」、火曜日のスポンサーだった「城本クリニック」は「不適切な番組で抗議したい」と番組提供を打ち切ることを決めた。テロップはテスト用のものが誤って流れたのだが、ジョークとはいえ、福島原発事故で周辺住民が避難し、放射能汚染が広がっているときに、「怪しいお米」「セシウムさん」などと悪ふざけするセンスは理解しがたい。こんなスタッフが制作に関わっている番組のスポンサーを続けることは、かえってイメージダウンというわけだ。

   すでにJA共済は5日(2011年8月)の「金曜プレステージ」、全国農業協同組合中央会は6日(2011年8月)にフジテレビ系で放送された情報番組「にじいろジーン」、農林中央金庫は7日の「サザエさん」、8日の「めざましテレビ」について、東海テレビのエリアである愛知、三重、岐阜の3県でCMを休止した。

   「ぴーかんテレビ」は問題が発覚した翌日の5日から番組を休み、アニメ番組を流しているが、再開のメドは立っていない。スポンサーが次々と降板し、番組イメージがダウンした現状では再開は無理という見方が強い。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中