歴史的事件の「現場中継ショー」壮大な悪ふざけ真剣にやるおかしみ

印刷

「世紀のワイドショー! ザ・今夜はヒストリー」(TBS)2011年8月1日19時~

   月曜19時。「関口宏の東京フレンドパークⅡ」の後番組として今年4月からスタートしたもので、歴史上のある1日にタイムスリップする時空超越系ワイドショー。この日のテーマは「北の庄城~お市、人生2度目のろう城~」。天正11年4月23日にタイムスリップし、「勝家&お市」ろう城現場からの生中継という設定だった。
   MCは関口宏とオセロ松嶋。「また大変だねえ。前にもこの時代にタイムスリップしたんですよ、その時もろう城したんだ、お市は」と関口。「覚えてます。この人はミセスろう城」と松嶋が笑わせているとほら貝の音色が…。「さっそく現場と中継が繋がったということで、杉山アナウンサーお願いします」とスタジオのアナウンサーが促すと、「私は今、北の庄城が見下ろせる羽柴秀吉軍の本陣に来ています。こちらは軍議の真っ最中です。現在までに入っている情報によりますと、城の中におりますのは、城主である柴田勝家さんと妻のお市さん、さらにお茶々さんお初さんお江さんの三姉妹ということです。では、秀吉さんにお話を聞いてみます」とやるのである。
   「へぇ~そうなんだ 勝家VS秀吉」「クローズアップ 前田利家の裏切り」などと歴史の出来事をワイドショー的切り口で見せるという壮大な悪ふざけを真剣にやるおかしみ。くだらないと思って見ていたが、ほかのバラエティ番組があまりにもひど過ぎて、この番組がましに思えるから不思議。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中