中学生アイドル「フェアリーズ」の作られ方―捏ねて千切って来週デビュー

印刷

   「スッタメ」コーナーで3週連続で追いかけているテーマが「アイドルの作り方教えます」。AKB48にしろ嵐にしろ、 そうしてできてきたグループがテレビに踊っているのは知っていても、その過程を見せちゃおうというテレビも、まあ相当なもの。

100人を超す待機新人からピックアップ

   仕組むのは安室奈美恵やMAX、SPEEDなどを手がけたヴィジョンファクトリー。デビューまでの段取りが凄い。コンセプト決め→メンバー決め→グループ名→デビュー曲作り→レコーディング→ 振付け→プロモーションビデオ制作→PR活動と流れていって、ようやくデビューとなる。

来てほしい

   今回のコンセプトは中学生だ。メンバーはみな13歳。100人を超す待機新人の中からダンスやボーカルの力を見て選考。カリスマモデルだの運動神経抜群だの、優等生だのグループのくくり方は自由自在だ。とにかく、すらりとした、まだ子どもが残っているような中学生だ。これを半ば「力づくで」アイドルに仕立てようという、おじさん・おばさんの戦略。

   もともと待機組だから踊りも歌もレッスンしているが、アイドルとしてのパフォーマンスの基本を受け持ったのが元アイドルで振付師の牧野アンナ。これが厳しい。

「絶対できるんだと思っている人じゃないとダメなんだよ」

   先週は公募で名前が「フェアリーズ」に決まった。その意味を「妖精です」と伝えられて 、「ウオー」と喜ぶ彼女たち。ただの中学生だ。

   曲もできた。「More Kiss」 という。振付けはKENZOが担当した。「何考えてんだ」 などと怒鳴られては涙を流す。「1回CDを出すだけで終わっちゃダメだ」というのは、励ましなのか、大人の本音なのか。

   そして今週は、プロモーションビデオの撮影を見せた。衣装をつけ、ブーツサンダル風のハイヒールで現れた彼女たちは、もう中学生じゃない。しかし、慣れないハイヒールのダンスが延々と続くと、靴ずれや疲労で座り込んだり。それでも40回も踊って、「楽しかったでーす」。編集中のプロモーションビデオの一部が流れる。いや、これがなかなかのものだ。なるほど、作れるものなんだと妙に納得。

大人たちの思惑と計算

   初イベントと生パフォーマンスの日取りが決まったという。8月16日(2011年)にイオンモール太田。ついで20、21日がラゾーナ川崎プラザなどなど。デビューは22日で、「More Kiss」ネット配信開始。CD発売は9月21日。中学生プロの誕生だ。

   司会の加藤浩次は「いよいよお客さんの前にでるんだ」とお父さんみたいな口ぶり。キャスターのテリー伊藤も「ハイヒールはいて踊るのって大変だよね。だけど、『スッキリ!!』に来てほしいよね」

   どうせ、来るでしょう。デビューも流すでしょう。でもあらためて、テレビって何なんだろうと考えてしまう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中