動き出した民主党代表選―小沢一郎「マニフェスト破りは応援するな」

印刷

   菅首相がきのう10日(2011年8月)、近く辞任する意向をようやく明言した。退陣の3条件にあげた第2次補正予算はすでに成立し、残る特例公債法案と再生エネルギー特別措置法案が今国会で成立するめどがついたためだ。

8月末に新政権

   司会のみのもんたが聞く。

大変ですね

   「いま、この時期にあえて明言というのは、菅さんの中に何かあったのでしょうか」

   コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)「それはもう、政局を読み、自分の立場を考えてのこと。メドという言葉をいい加減に使っても世間の常識は許してくれません。早く新政権を樹立して、震災復興や円高対策に取り組んでほしい」

   東京新聞政治部次長の金井辰樹は、直接のきっかけは低迷する内閣支持率という。直近の各メディアの世論調査によると、「脱原発依存」発言などで政権浮揚を図るものの、支持率は好転するどころか軒並み10%台で発足以来の最低を記録している。

   「これでは脱原発解散といっても実現性ゼロだという空気が永田町に蔓延した。菅首相も解散をあきらめ、菅首相のもとでの解散を期待していた自民党も解散はないと判断。仕方ないから法案を通して8月末に新政権をという流れになった」

150人集め「最大勢力」誇示

   みの「そうすると、8月末までのこれから2週間、民主党は大変ですね」

   さっそく動きは始まっている。「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーで取り上げたのが、読売新聞4面の「小沢系会合に150人 代表選へ『最大勢力』誇示」という記事。小沢一郎元代表が10日に、民主党の国会議員ら約150人を集めて講演し、主要政策の見直しを進める岡田克也幹事長らを批判したという。マニフェスト修正に積極的な候補は代表選で応援しないとの意思表示と受け止めた議員もいたとある。

   みの「同じ民主党なんでしょう、みんな」

   三屋裕子(スポーツプロデュサー)「まるで野党みたい」

   金井「小沢さん流の昔ながらの数の力の見せ方。しかし、そんな数合わせで代表選をやったら国民から見放されます」

   北川も「困りますね」

   新代表が決まるまでも大変そうだが、決まってからも大変そうである。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中