「上地雄輔イベント」熱中症のファンより撮影優先だった!?

印刷

   「上地雄輔さんのイベントは大変な事態になってしまいました」と、笠井信輔アナ。昨日の真昼、横浜の大さん橋で行われたタレント、上地雄輔のイベントで、熱中症で倒れるファンが続出。(FNNの?)カメラがその一部始終を収録していたとのことで、番組内でもイベントの映像がふんだんに(本来ならば長くて10秒程度だったはずが)紹介された。

病院搬送36人、重症の痙攣女性2人

   このイベントは上地の著書の出版記念で開かれた。まずは屋内のホールで上地とハイタッチなどで触れあったあと、屋外に移動。上地のイニシャルであり、新刊のタイトルでもある「KY」の人文字をつくり、記念写真を撮る段取りだった。

大変な事態

   ホール内からして、上地が汗だくになるほど「暑い」状況だったが、外の撮影場所は照り返しが強く、日陰などない炎天下のウッドデッキ。1500人ほどのファンは、そこで最長1時間近く、待機させられたという。

   午後2時、いざ人文字をつくる段階で、数か所で同時に倒れる人が出た。一部、怒号が飛びかうが、撮影は続けられ、上地とファンが笑顔でカメラに収まる一幕もあったようだ。だが、その間にも事態はさらに進んだそうで、最終的に36人が病院に搬送。女性2人が痙攣を起こすなど重症だという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中