「被災松」手あげた成田山に「ご迷惑心配」と陸前高田

印刷

   陸前高田の景勝「高田の松原」の松が再び京都市から断られた。あす16日(2011年8月)の「五山の送り火」であらためて薪を燃やすことで落着したと思ったら、放射性セシウムが検出され、市は燃やすことを断念した。

「もう騒がせたくない」と市長

   京都市が陸前高田市から送られてきた500本の松を検査したところ1170ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。放射線生物学が専門の内海博司京大名誉教授は、「大文字で燃やすぐらいの量であればあまり問題にならない。本当に燃やしてあげようという気持ちがなかったんでしょう」と、京都人にかなり辛辣なコメント。

詳しい知識

   もっとも、千葉の成田山新勝寺が見かねて手を上げた。9月25日に行われる護摩木祈願で陸前高田の松を燃やすことにして、「表皮を削ることで問題ない。それより震災で亡くなった人たちを供養することが大事」という。しかし、今度は陸前高田の被災地の人たちが「まだ送ることは決めかねている。風評被害で成田さんに迷惑をかけたくない」と遠慮がちに引いてしまっている。風評被害の声が新勝寺周辺で起こることを心配しているのだろう。陸前高田の戸羽太市長も「善意が結果的にこういうことになってしまい、あまりこちらとしては騒ぎにはしたくない」と話す。

政府の情報少なく広がる風評

   石原良純(タレント)「痛みを分かち合うことがこれからいろいろ出てくる。僕らがどういう覚悟で何ができるのか。一つひとつ問い直すケースがこれから突き付けられてくる」 これに司会の赤江珠緒は「そもそも放射性物質の詳しい知識がないと、気持ちまで翻弄されてしまうんですよね」答える。

   政府のキメの細かい信頼できる検査ときちんとした情報公開が後手に回っている現段階では遠く及ばないが…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中