被災地ニセ医者―だまされた日テレ「スッキリ!!」も釈明

印刷

   宮城県石巻市で被災地のボランティアの診療・治療を行っていたニセ医者騒動で、日本テレビ系の朝ワイドショー「スッキリ!!」が8月15日(2011年)の放送で釈明した。

   放送中盤でキャスターの葉山エレーヌがCM終了後に、突然こう話し始めた。

   「ここで番組からのお知らせです。7月11日の『スッキリ!!』で放送した企画『猛暑の被災地で熱中症増加』の中で医師として紹介した男性について、医師資格を持っていない疑いがあるとして警察が捜査を始めました。

   番組の取材は社会福祉法人よりこの男性を医師として紹介されて行ったものです。その後の番組の調べでも、この名義での医師登録はありませんでした。番組としては今後、正確な情報をお伝えすべく、さらに務めてまいります」

   葉山が30秒ほど話して再びCMへ。他のキャスターや取材したスタッフの説明はなかった。

   「米田きよし」と名乗るこの男性は、東日本大震災の直後に石巻市災害ボランティアセンターに現れ、医師を自称してボランティアのけがや病気などの治療行為をしていたが、6月下旬ごろから「ニセ医者ではないか」と噂が立っていた。「スッキリ!!」の取材はすでに疑いを持たれてからのもので、チェックの甘さを指摘されても仕方あるまい。読売テレビでも4月下旬に情報バラエティー「情報ライブ ミヤネ屋」でこの男を取り上げていて、ホームページで「おことわり」を掲載している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中