夏ドラマ全滅!前田敦子も「大コケの視聴率1ケタ半ば」

印刷

   夏ドラマが絶不調だ。人気のバロメーターとなる視聴率15%超えどころか、最近回で13%台はゼロ、鳴り物入りでスタートした番組が次々と1ケタ台に沈んでいる。

   最近の放送で視聴率トップは日本テレビ系の「ブルドクター」(水曜よる10時)だが、それでも12・6%で、これまでなら「ゴールデンのドラマとしては失格」とされる数字である。2位以下は「全開ガール」(フジテレビ系月曜よる9時)と「チーム・バチスタ3」(フジ系火曜よる10時)の12・5%、「ドン・キホーテ」(日本テレビ系土曜よる9時)の12・4%、さらに「絶対零度」(フジ系火曜よる9時)、「陽はまた昇る」(テレビ朝日系木曜よる9時)、「華和家の四姉妹」(TBS系日曜よる9時)と続き、ここまでがようやくふたケタ台だ。

   以下、「美男ですね」(TBS系金曜よる10時)9・9%、「それでも、生きてゆく」(フジ系木曜よる10時)8・1%、「ジウ 警視庁特殊犯罪捜査係」(テレビ朝日系金曜よる11時)7・5%、「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(フジ系日曜よる9時)6・2%という惨憺たる数字だ。なかでも、好評だった「マルモのおきて」を引き継ぎ、AKB48のトップ前田敦子の男装という話題で始まった「イケパラ」は真っ青の超低空飛行で、ふたケタ台は初回だけ、4回目放送は5・5%と打ち切りなってもおかしくない不人気ぶりだ。日曜プライムが深夜枠に近い「ジウ」より下というのは前代未聞だろう。

   もっとも、絶好調だった「JIN」の後の「華和家」も、月9もジリ貧で、いつ10%割れするかという状態だ。夏はスペシャル番組や終戦特集が多く、ドラマ人気がいまひとつ盛り上がらないシーズンだが、それにしても今夏は「ドラマ時代の終わりを」決定づけることになりそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中