SMAPやっと中国公演―キムタクが北京の会見で意気込み

印刷

   「韓流」が多すぎる、うんざりだ見たくない――のは視聴者の勝手だが、なかには、ニッポン人だから、見たくないから、放送するのはヤメろ!と要求する人たちが世の中にはいるそうで、最近はお台場あたりで活躍したという。

これまで2度中止

   そんな方々に朗報なのかどうかわからないが、フジテレビのとくダネ!では今日、「日流」のSMAPが海外・中国で公演し、「日中友好の架け橋になる」(前田忠明)という話題が伝えられた。

日中友好

   昨日、メンバーの木村拓哉が中国・北京で会見し、来月に迫った公演への意気込みを語ったという。SMAPの中国公演は安全面の懸念や、日中関係の悪化などの理由から、これまで2度中止になっており、「意外な感じですが、これが海外初公演」(田中大貴アナ)だそうだ。

   いまのところ、中国だからニッポン人は見たくない、公演をやめろ、などといった示威行動は起きてないようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中