2018年 7月 21日 (土)

SMAPやっと中国公演―キムタクが北京の会見で意気込み

印刷

   「韓流」が多すぎる、うんざりだ見たくない――のは視聴者の勝手だが、なかには、ニッポン人だから、見たくないから、放送するのはヤメろ!と要求する人たちが世の中にはいるそうで、最近はお台場あたりで活躍したという。

これまで2度中止

   そんな方々に朗報なのかどうかわからないが、フジテレビのとくダネ!では今日、「日流」のSMAPが海外・中国で公演し、「日中友好の架け橋になる」(前田忠明)という話題が伝えられた。

日中友好

   昨日、メンバーの木村拓哉が中国・北京で会見し、来月に迫った公演への意気込みを語ったという。SMAPの中国公演は安全面の懸念や、日中関係の悪化などの理由から、これまで2度中止になっており、「意外な感じですが、これが海外初公演」(田中大貴アナ)だそうだ。

   いまのところ、中国だからニッポン人は見たくない、公演をやめろ、などといった示威行動は起きてないようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中