「被災地ニセ医師」だまされた阿部レポーター再び取材―相手が上手

印刷

   石巻でボランティアの医師と称して医療行為をしていた男を、「スッキリ!!」も7月11日(2011年8月17日)の放送で取り上げていたが、取材したのは阿部祐二レポーターだった。その時の映像を見ると、男は赤い短パンにマスク。取材に「米田きよし」と名乗って、「(ボランティアは)一生懸命なので、働きすぎてしまう」などと語っていた。きょう(8月17日)の放送では、なぜか男にはモザイクがかけられている。

   朝日新聞が8月10日付の「ひと」欄で取り上げ、12日には「ニセ医師の疑いがある」とお詫びと記事の削除を載せた。男は今月はじめから、それまでねぐらにしていたキャンピングカーを置き去りにしたまま姿を消している。

口調も荒っぽい

   男は阿部に「医師国家資格認定証(厚生労働省)」というカードを示し、4月末に石巻社会福祉協議会が資格を確認したときも提示していたが、これがインチキ。そんなカードは存在しない。

「カードは偽造。医療は医学書で覚えた。自首しますよ」

   阿部があらためて名刺の電話番号にかけてみると、何度目かに男が出た。その際の内容は次のようなものだった。(直接録音・放送を拒否)

   「医師免許は持っているが、海外だ。どこかはいえない。日本のは持ってないから医師法違反でしょう。カードは韓国の友だちが偽造してくれた。医療のノウハウは医学書など全部覚えてしまう」

   男は日本財団がNPOに支給している助成金を申請し、100万円を受け取っていた。接触のあった人たちの話だと、金の話ばかりしていたという。

   阿部が「金が目的か」と聞くと、「金が目的ならキャンピングカーを出したりはしない。100万円ごときで人生を変えるようなことはしない。目的はボランティアだ。(100万円は)炊き出しなどに使って、ほとんど残っていない」

   日本財団は「炊き出しや心のケアをしたいとメールで問い合わせがあり、職員が活動状況を見て助成を決めた。小児科医とあったので疑わなかった」といっている。宮城県警は医師法違反で捜査しているが、男はこれについて「自首しますから放っておいてください」といったという。

医師法違反、公文書偽造、詐欺で罪重い

   司会の加藤浩次「電話でしゃべって、どんな感じでした?」

   阿部「ことの重大さをわかっていないなという感じ。話していても理解不能の部分があって、それを整理したのがお伝えした内容だ」

   弁護士の菊地幸夫は「医師法違反は3年以下の懲役または100万円以下の罰金。医療行為をどこまでやったかによる。また、カードは公文書偽造だし、助成金は詐欺になる。全体としては重いかもしれない」

   キャスターのテリー伊藤「(ナマの声は)口調も荒っぽい。こんな口のきき方しているのかと思った。どこに隠れているのか、早く出てきてほしい」

   いやいやテリーさん、話し振りは立派な詐欺師。多分出てはこないと思うよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中