「天竜川転覆」遊覧観光で救命胴衣着けるか着けないか

印刷

   静岡県浜松市の天竜川下流で昨日、川下り観光舟の転覆事故が発生。2人が死亡、3人が行方不明という惨事になった。事故原因は目下、船頭の操船ミスで岩場にぶつかったため、とされる。

小倉智昭「臆病のすすめ」

   スタジオでは、水のレジャーで「万が一」が起きた時の命綱となる「救命胴衣」の未着用問題がフィーチュアされ、出演者らの口の端に多く上った。

自分は絶対着ける

   件の舟の運航会社は、大人の客に対しては、救命胴衣の着用を徹底していなかったという。番組によると、法的には、このサイズの舟で川を航行する場合、大人には着用させる義務はないそうだ。

   また、事故が起きたのは、比較的流れの緩い下流であり、これまでは大きな事故がなかった地域であることなども伝えられた。

   番組司会の小倉智昭は「僕なんか臆病だから」と卑下しつつ、「こういう舟に乗って、誰も救命胴衣を着けてなくても、自分は絶対着ける。他人になんと言われようと(着ける)。そうやって常に身構えてると安心かもしれない」と、臆病のすすめを説いていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中