大東俊介、初の時代劇が大河「平清盛」めちゃくちゃワクワク

印刷

   松山ケンイチが主役となる2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が8月18日(2011年)スタートした。清盛の弟「平家盛」を演じる俳優の大東俊介は、17日のブログで意気込みを語っている。

   大東にとっては初の時代劇。「大河ドラマという舞台でこの素晴らしいキャストの中に自分がいられることをほんまに嬉しく思う」と話す。「家盛」は兄・清盛を支え続けた人物だ。礼儀正しく、品格・勉学に優れ、一時は後継者とも目されていたが不慮の死を遂げてしまう。大東は「時代を知り家盛を知るにつれて 心がゆさぶられる感じや」と心境を語り、

「時代を築いたひとつの魂 『生きる』 魂込めて家盛を演じたい とにかく今めちゃくちゃワクワクしてます!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中