2018年 7月 19日 (木)

大東俊介、初の時代劇が大河「平清盛」めちゃくちゃワクワク

印刷

   松山ケンイチが主役となる2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が8月18日(2011年)スタートした。清盛の弟「平家盛」を演じる俳優の大東俊介は、17日のブログで意気込みを語っている。

   大東にとっては初の時代劇。「大河ドラマという舞台でこの素晴らしいキャストの中に自分がいられることをほんまに嬉しく思う」と話す。「家盛」は兄・清盛を支え続けた人物だ。礼儀正しく、品格・勉学に優れ、一時は後継者とも目されていたが不慮の死を遂げてしまう。大東は「時代を知り家盛を知るにつれて 心がゆさぶられる感じや」と心境を語り、

「時代を築いたひとつの魂 『生きる』 魂込めて家盛を演じたい とにかく今めちゃくちゃワクワクしてます!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中