クルム伊達公子、左手甲・小指下骨にヒビ 全米オープン出場できるか?

印刷

   テニスのクルム伊達公子選手が、不注意から左手を打撲し、左手甲・小指下の骨にヒビが入る怪我をしたことが8月22日(2011年)までにわかった。スタッフが更新した公式ブログによると、現在、専門医の診断を受けながら、29日に開幕する全米オープンの開催地・ニューヨークで調整中。全米オープンへの出場はまだ確定していないが、前向きに取り組んでいるという。試合に出場するかしないかは今後、本人があらためてブログで報告するつもりだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中