B型は就活に不利? 面接で血液型聞く企業おかしくないか!

印刷

   「スッキリTIMES」コーナーで血液型論争。話の発端はきのう22日(2011年8月)付の朝日新聞夕刊の記事だ。俗に「マイペース」といわれるB型の学生が、就職活動で血液型を聞かれると、「不利になるのでは」と戸惑っているというのだ。

松本龍・前復興担当相の失言でイメージダウン

   司会の加藤浩次が血液型を聞く。ウエンツ瑛士(タレント)は「Oです」。香山リカ(精神科医)「Bです」。菊地幸夫(弁護士)「Aです」。葉山エレーヌ(司会)は「Bです」

みなさんは何型?

   加藤「B型って言いずらいそうです」

   ウエンツ「葉山さんは言いずらそう」

   そう、文句なしマイペースで食いしん坊だ。

   朝日新聞記事は、失言で辞任した松本龍・前復興担当相が「B型だから」と言い訳したため、「B型の印象が悪くなる」という就活生の声を紹介し、血液型にこだわる企業が依然としてあることを指摘している。そんなことをいったら、やれ星占いだ、血液型だと煽っているのはテレビの情報番組だ。誰も信じちゃいないというのに、いい占いだと「やった」なんていってるのはだれだ。よくまあ、こんなネタを出すもんだ。厚顔無恥とはまさにこのこと。

専門家は「性格との関連なし」

   むろん専門家は「いまだにそんな会社があるんですねぇ」とあきれる。性格と血液型の関連性なんぞは「現代の迷信」と切り捨てて、「そもそも自分の努力で変えられないことを就職の面接で聞くことがおかしい」という。

   加藤はこれをひいて、「関係ないのに聞くのはおかしい」と繰り返して、残りの1秒で「葉山はおかしい」。が、間髪を入れず、葉山は「おかしくない」と切り返した。この勝負、葉山の勝ち!

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中