東京電力「想定外」ウソだった!10メートル級大津波ずっと以前に試算

印刷

   福島第一原発の事故につき、「日時の経過とともにいろんなことがわかってきて、相当怒ってる」と、司会の小倉智昭が眉を吊り上げて言う。

   今回わかったのは、「想定外」とされた10m級の津波が来る可能性を、東京電力が把握していたというもの。しかし、そうした試算を原子力安全・保安院に長らく報告せず、やっと報告したのは大震災の直前。事故後も試算を公表せずに、津波は想定外とし続けた。

   これについてオグラは「事故についても、都合のいいことしか発表してないんだろ、おまえらは!と言われてもしょうがない」と一喝。

独占体制にあぐらかくお山の大将

   オグラの見るところ、東電は、原発事故で多くの人が避難を余儀なくされたり、税金で土地を買い上げるなど、国民に大きな迷惑・負担をかけている重さを、わかってない。反省が足りないし、対応も不十分である。

相当怒ってる

   そうした背景には、電力ほぼ独占体制のなかで、競争がないことがあるとオグラは見ている。「我々は電力を供給してやってるんだと、なんかお山の大将みたいに思ってるんじゃないか」。とくダネ!の大将はそう吼えた。

   まだ幸いなことにと言うべきか、テレビ番組の自由な視聴者にはいくつかの選択肢がある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中