腫れ物に触るような「紳助報道」テレビ局が知らない振りするあのコト

印刷

   引退を表明した島田紳助は、会見では接触のあった人物を「Aさん」「Bさん」としていたが、それが誰であるかなど細かい事情がわかってきた。

   紳助がメールをしていたAは元ボクシングの世界チャンピオン渡辺二郎。元タレントの羽賀研二との関わりで恐喝未遂事件で上告中だ。また、Aからの依頼で紳助のトラブルを解決したBは 山口組系暴力団幹部だった。

肝心の十数年前のトラブル

   今朝(2011年8月25日)のスポーツ紙は、一斉に「新事実」「紳助のウソバレた」などと伝えた。会見で紳助は「(Bとは)付き合いがないから、Aを介してメールで。手紙や写真はない」と話していたが、大阪府警が2005年にBを競売入札妨害などで逮捕したときの家宅捜索で、紳助の自筆の手紙や写真が見つかっているという。「ウソ」とはこのことなのだが、紳助のコメントはない。

もう1回会見を

   なぜ警察がこの件で情報をせっせと出しているのかがひとつのポイントなのだが、キャスターのテリー伊藤が夏休み中のためか、この日の「スッキリ!!」はこのあたりにまったく鈍感だった。

   司会の加藤浩次「暴力団幹部は山口組系でナンバー4だとか」

   おおたわ史絵(医師)は「渡辺はボクサー時代から知っているけど、ダークサイドとわかっていて頼んでしまったのか」

   宮崎哲弥(評論家)「もう1回会見し直すとかしないといけない」

   てな調子で、肝心の解決してもらったという十数年前のトラブルが何であったかにもまったく触れなかった。

問題処理逃げた関西テレビ

   他の報道によると、関西テレビの番組の紳助の発言に右翼がかみつき、街宣車まで繰り出す騒ぎだった。本来なら、関西テレビが表に立って紳助を守らないといけないのを、紳助個人に処理を負わせてしまったらしい。その結果がAとBの登場となれば、タネをまいたのは関西テレビということになる。局は違っても、テレビ局にしてみれば他人事ではない。「これには触れるな」というお達しでも出ているのかと疑いたくもなる。

   もうひとつが警察の動きだ。紳助の会見に合わせたように、「A、B関連情報」がスラスラと出てきている。今回の騒動の発端になったメールにしても、渡辺の携帯電話に残っていたのだから、そんなもの警察以外に知りえない。吉本興 業に持ち込んだのも警察と考えるとすべてがつながる。

   「スッキリ!!」は弁護士の話として、暴力団排除条例の動きを伝えていたが、そんな一般化した話ではあるまい。警察は明らかに紳助を狙っていた。テリーがいたら何と言ったか。いや案外「夏休みで(コメントできなくて)よかった」なんていってるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中