民主党代表選「学級委員選挙もっとマシ」争点オザワの情けなさ

印刷

   菅首相の退陣表明を受けて、民主党は代表選を8月27日告示・29日選挙(2011年)の日程で実施する。ポスト菅の有力候補と見られる前原誠司前外相の動きを中心に、代表選の行方を追った。

候補者の公開討論2時間だけ

   司会のみのもんた「前原さんはまだ49歳。次の誕生日が来ても50歳。若い総理大臣が誕生するかもしれない」

総理の地位軽視

   小沢一郎元代表を中核とする非主流派は前原不支持を決めているが、では誰を支持するのかは明確にせず、「本当に代表選には誰が出てくるのか。そして、自分が総理大臣になったらどんな政治を行うかもまったく分からず、情勢は混とんとしている」(みの)。

   井上貴博アナウンサーが代表選投開票までのスケジュールを紹介しながら、「28日に2時間だけ代表候補による公開討論会が予定されています」と伝えると、みのは「たった2時間だけ」と呆れ顔。コメンテーターの海老原嗣生(コンサルタント・編集者)が「小学校の学級委員を決める選挙ではないのだから、そんなことでいいのか」と苦笑いをすれば、吉川美代子(TBS解説委員)も「代表に選ばれることは総理大臣になること。それなのに、こんなに誰も関心を示さない代表選は初めてです」と憮然としている。

街の声「なってもらいたい人誰もいない」

   「朝ズバッ!」が東京・銀座と新橋で行った「次の首相になって欲しい人100人アンケート」では、「ダントツは前原さんでした。でも、次に多かったのが誰もいないで、41人の人が回答しました」(井上)。

   みの「情けない。日本の有権者2人に1人が、総理大臣になって欲しい人は誰もいないと答えているわけでしょう。こんなことで、日本に未来はあるのか」

   与良正男(毎日新聞論説委員)「国民の手の届かないところで行われる選挙だから、国民が冷ややかな目で見るのも当然。この1週間、候補者と思われる人たちの間で政策論争もなければ、政策ビジョンを打ち出す動きもなかった。小沢の処分をどうするかと、小沢詣でだけ。民主党は総理大臣の地位を軽く見ているとしか思えない」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中