2018年 6月 21日 (木)

TOKIO「DASH村」で放射能浄化ヒマワリ実験―9月11日放送で報告

印刷

   福島第1原発の事故で退避を余儀なくされた日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜よる7時)のDASH村で、ヒマワリを使った土壌浄化の実験が進められている。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の申し入れで始まったもので、番組レギュラーのTOKIOの山口達也が研究者らとともに7月16日(2011年)に種まきし、今月22日にも生育状況の確認と放射線調査のための土壌を持ち帰った。

   DASH村は原発から約25キロの福島県浪江町南津島にあって、地震・津波の被害は受けなかったが、原発事故で「計画的避難区域」になっている。3月11日以来4か月ぶりに村に戻った山口は、雑草だらけになった田んぼや畑、傷みが進む家屋を前に、「村や里山は手入れをしてこその自然。荒れ放題だったので寂しかった」と涙をうかべた。

   種まきや土壌採取の作業は、防護服、防塵マスクに線量計を付けての2時間の作業となったが、この様子は9月11日放送の「DASH村~再生を目指して~」で報告される。合わせて、避難中の番犬「ほくと」やヤギの「八木橋一家」の近況も伝えてくれないかなあ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中