2018年 5月 24日 (木)

山田孝之のドラクエパロディ!深夜的ゆる~い笑い期待以上の面白さ

印刷

勇者ヨシヒコと魔王の城(テレビ東京系金曜深夜0時12分)>テレビ東京系のこの時間帯のドラマは、いかにも深夜なゆる~い笑いや独特な世界観があるものが多くて楽しみにしている。このドラマも期待以上に面白い。疫病に苦しむ村人を救う幻の薬草とその薬草を探しに行ったまま戻ってこない父を探す旅に出た勇者ヨシヒコ(山田孝之)の冒険活劇。

RPGに出てくるシーンの実写版ハマるよ

   ドラクエの公式パロディらしく、ドラクエの効果音などがそのまま使われていたりする。第7話では、ドラゴンの盾を手に入れるために訪れた村で、村人から話を聞こうとしても、「早く俺も金もうけして、ラドマンさんみたいになるんだ」と言うばかりで要領を得ない。RPGにも同じようなシーンがあって、こんなパロディが各所にちりばめられたドラマだ。こういうのが好きな人はかなりツボにはいるのではないかと思う。

   村の金持ちからドラゴンの盾を渡す交換条件として、五重塔に住む「皆殺しの5悪党」を倒すことを要求され、ヨシヒコとその仲間たちは五重塔に行く。この悪党たちも、「ジャイタン」(ジャイアンのパロディ)、「キサラ」(キムタクのパロディ)、「タダタ」(ジャパネットたかたのパロディ)と、もう全力でくだらなくてゆるい。

   お人好しなヨシヒコに熱血漢の戦士ダンジョー、気の強い娘ムラサキ、口の軽い魔法使いメレブと、みな個性的で飽きない。山田孝之は実力派俳優というイメージだったけど、こういう深夜のバラエティドラマにもかなり馴染んでいる。実力があるからこそ、笑いを誘えるのかも。

(てらっち)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中