1年前のワイドショーそのまま通用する「民主党代表選」空騒ぎ再演

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>「民主党代表選ガチンコ勝負―それでも分裂はなし」(テレビ朝日系「スーパーモーニング)、「床屋政談でいいのか『与党・民主党の代表選は首相選び』のはず」「『走~れトロイカ』とはいかぬ民主党たらい回し談合」(日本テレビ系「スッキリ!!」)―これは明日29日(2011年8月)に行われる民主党代表選びのことではない。1年前の民主党代表選の動きを伝える朝のワイドショーだ。1年たって、民主党は同じことを何の成長も、反省もなく繰り返していることがよくわかる。

   ただ、昨年は菅直人首相の対抗馬として小沢一郎元代表が立候補して少しはわかりやすかった。今年は各候補の主張・政策がまるでハッキリしないばかりか、小沢は陰にいて、「お墨付き」を得た候補者が代表・首相というわけだ。誰がなっても、次の永田町のテーマが小沢の党員資格停止を解除するかどうかになるのは間違いない。大震災からの復興、福島原発事故の対処がまた後回しになる。(テレビウォッチ 編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中