「ボルトにフライングの予感あった」(銅メダリスト・朝原宣治)

印刷

   タイトルを守り、伝説の男になりたいと語っていた男子100メートルで世界記録を持つウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、陸上世界選手権決勝でフライングを犯してまさかの失格となった。

0.104秒早かった!

   ボルトがフライングをした瞬間をVTR見ると、素人の目にもボルトの動きだしは早い。フライングの瞬間、スタンドからレポートしていた高畑百合子アナの甲高い悲鳴が上がる。ボルトはユニホームを脱ぎ、天を仰ぐ。

何が起きたの?

   キャスターの加藤シルビア「ボルト選手は0.104秒早く飛び出してしまったようです」 司会のみのもんたがジョークを飛ばす。

「スタンド中に悲鳴が上がったと聞いているが、高畑の悲鳴が一番大きかったのでは」

   現地レポーターとしてその瞬間を目撃した北京オリンピック男子400メートルリレー銅メダルの朝原宣治と中継を結んだ。

   みの「いったいボルトに何が起きていたの」

   朝原「世界中が注目をしていましたから、それがプレッシャーになっていたかもしれません。今シーズンは体調が万全ではなく、その焦りがあった事も考えられます」

尻の位置いつもより高い異変

   朝原の隣にいた高畑は、「朝原さんはスタート前にボルト選手の異変に気づいていました」と補足。

   みの「どんなこと?」

   朝原「体調の問題もあり、うまく集中できていないようでした。それと、スタートの姿勢のお尻の位置がいつもよりも少し高く、違和感を感じました」

   今回から1回のフライングで失格となるルールが適用された世界陸上。ボルトはフライングの記録でも新たな1ページを書き込んでしまった。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中