ボルト失格に小倉智昭異議あり!「1発フライングおかしい」

印刷

   世界陸上の男子百100メートル走2連覇を狙ったウサイン・ボルトが、決勝でフライング失格した。

   なんでも陸上界では、去年から誰でも1回フライングすれば失格とのルールに変わったそうである。それ以前は、2回目にフライングした選手が失格だった。フライングによりきびしくなったというわけだ。

世界陸上でも多くの選手が「被害」

   「このルール変更はかなり気になってました」と、陸上界の大立者で番組司会者の小倉智昭は言う。オグラによれば、今回の世界陸上でもかなりの選手がこのルールのおかげをこうむって失格となったという。

イエローカード

   そこでオグラは「イエローカードみたいなものをだして、当該の試合で2回やったら失格にするとか、そういう方法に変えないと――」「ヘンな話、横の選手や役員が『ウ』と言っただけで、選手は出ます(スタートを切る)からね」と、再(再?)度のルール変更を求めていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中