「どじょう」ではいられない―野田首相「目の前の幹事長人事」

印刷

   「私はどじょう」らしく泥の中に潜りときどき顔を出しては増税を叫んでいた野田佳彦財務相が民主党代表選で逆転勝利し、新首相に決まった。

   逆転には秘策があった。一つは代表選前夜だ。前原・野田両陣営が2、3位連合を組むことで合意し、反小沢の統一戦線ができた。決定打となったのは中間派の鹿野陣営の動き。1日目の投票で4位だった鹿野が野田支持に回ったのは、「海江田陣営が『引きはがし』などの汚いことをやり過ぎたから」という。結局、小沢への警戒感、拒否反応が野田を勝利に導いた。こうしたバラバラの党内をまとめる挙党一致体制をどうするか、遅れた震災復興、原発事故を巡る問題など、野田政権には難問が山積みだ。

小沢仲介役・輿石か、逆転の功労者・鹿野か

   新代表就任のあいさつに立った野田が真っ先に切り出したのは「ノーサイトにしましょう、もう…」。反小沢vs親小沢を巡る党内抗争の混乱にケリをつけようという呼びかけだった。その本気度を試されるのが幹事長人事だ。

   テレビ朝日の政治部記者・山下達也によれば、「野田さんは『バランスのとれた野党とも協力できる人がいい』と言っており、小沢グループとの橋渡し役になっている輿石東参院議員会長や勝敗を決定付けた鹿野、北沢防衛相らの名が出ている」という。

スキなく、そつなく、いい人…さて、実行力は?

   コメンテーターの野田期待度はどうか。

   イメージコンサルタント・吉原珠央が「外交の手腕はどうなのでしょうかね」と聞くと、山下は「日米同盟重視のオーソドックスなスタイルをとっている」という。

   スピードスケート金メダリストの清水宏保「スキなく、そつなくというタイプに見えるので期待したいが、演説だけでなく実行力を期待したい」

   どじょうの持ち味は不利な時は泥に潜っていられることだが、首相になるとそうはいかない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中