2018年 7月 21日 (土)

民主党役員「写真間違い」誰も気付かず…地味ぶり象徴!

印刷

   日本の首相やらナンタラ大臣がなにかの折りに、各国首脳などと並んで国際舞台に立つとき、ありがちなことがある。海外メディアにおける名前や写真の間違い、取違い、ひとりだけ写真が載ってない――などである。

   これは、海外メディアのいい加減さとともに、日本の政治家の存在感が希薄なことを揶揄する格好の題材として、ワイドショーでも好んで取り上げられるネタだ。

本人から直接電話で「違ってるんですが」

   「地味」な野田新首相が先人たちと同じ道を辿ることはいかにもありそうだが、それにはまだ時間がある。今朝(2011年9月1日)は国内メディアが政治家の写真を取り違えたのである。

すみません

   番組では、野田内閣の顔ぶれ予想がなされ、その参考として、すでに決まった党人事も写真入りで紹介されていた。そして番組は、平野博文国会対策委員長のものとして、別人(平野達男)の写真を掲載していたのだった。

   政治家の泥くさいツラにとくに興味なく、おまけに退屈な放送のせいで、おそらく半分眠っていた視聴者同様、スタジオの出演者、スタッフ誰も気づかなかったようだ。

   しばらくして、平野博文本人から、フジテレビ解説委員にかかってきたという電話を通して、ようやく事態が判明。この失態に、進行役の笠井信輔アナは「すいません。申し訳ございません」となんども平謝りしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中