「防災の日」空前の交通規制訓練―でも1時間前から中継する話か!

印刷

   きょう9月1日(2011年)は防災の日。警視庁が震災を想定した大規模な通行止の訓練をした。都内97か所の主要交差点を10分間止め、ドライバーへの周知と緊急車両の通行を確認した。

   それにしても「スッキリ!!」はいささか騒ぎ過ぎだ。阿部祐二レポーターが新宿4丁目の甲州街道と明治通り交差点に立って、午前8時の番組オープニングから20分もスタジオとああだこうだとやっていた。

杉本彩「愛とエロス」の入籍もっと見たかったのに…

   実際の通行止は9時からだから、8時にはいつもの状態だ。そこを「いつもの状態です」としゃべる。9時には「規制が始まりました」、10分には「終わりました」と、そのつど中継が入るから文句のひとつもいいたくなる。

知らないドライバー

   お陰で杉本彩の入籍のニュースはコメントもなしで次のニュースへいっちゃった。なんでも、「13年間、辛い時も支えてくれた人」だから「感謝婚」、キーワードは「愛とエロスとユーモア」なんて言ってた。阿部の暑苦しい顔よりそっちをもっと見たかった。

   まあ、阿部は一生懸命で、通行止が終わったときも「車がトンネルに入っていきます」などと、相変わらず映像を見ればわかることをしゃべり続ける。そのくせ、初めてトンネルから出てきたトラックには言及しない。カメラの方を向いていて見ていないからだ。

3・11「大渋滞、小競り合い」の教訓

   司会の加藤浩次は何となく気乗り薄で、キャスターのテリー伊藤も「(訓練を)知らないドライバーが迂回路を探して事故が起るかもしれない」なんていっていたが、むろん何も起らなかった。

   おおたわ史絵(医師)が「(3月11日の渋滞、帰宅困難で)いっぱい小競り合いやケンカがあったんですね。だから訓練しておかないといけない」と言っていたが、全くその通り。

   震災があったら「環状7号線から内側は通行禁止」「周辺から都内への乗り入れも禁止」。この2つさえおぼえておけばいい。10分間交通を止めると、完全に流れが旧に復するまでに40分かかるそうだが、そのあたりは東京のドライバーは慣れてる。

   この日は、帰宅困難者のホテルへの誘導訓練なども行われたが、訓練は訓練。現場ルポをするほどのことじゃあるまい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中