星野真里「新婚メニューは野菜スープの使い回し」

印刷

   TBSの高野貴裕アナウンサーと9月1日(2011年)に入籍した女優の星野真里が、新婚家庭の食卓について語っている。

   星野が結婚して最初に作った料理は、「野菜スープ」。

「じゃがいも切って、にんじん切って、玉ねぎ切って、ソーセージ切って。グツグツ煮てからコンソメ入れて。はい!出来上がり」

と本人も言うように「何とも簡単な一品」だが、腕の見せ所はここから。大量に作った野菜スープを、翌日はトマト缶を入れて「トマトスープ」に。そして最後は「カレー」にと、アレンジを加えながら食べていこうというプランなのだ。

「ご飯はだれかと食べるとおいしいよね、ってニコニコしていれば、きっとこれからだって乗り越えられるはず!!」

とノロケた星野だが、気になるのは体重。3日のブログによれば、

「久しぶりに体重計に乗ったら、あらららららら!! 過去最高に手が届きそうであります」

と早くも幸せ太り気味で、今回の野菜スープ作戦も「ヘルシーな食生活」を取り戻すためのアイディアなのだとか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中