対決!猫VSバルーンキャット―さてどっちに軍配上がったか

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)には、動物がなにかと「対決」する映像が豊富にアーカイブされている。なかでも、とくに猫のものが多いことは当探偵社でも、つとにお伝えしてきた通りだ。

   そして最近、ある猫と意外な物体の対決がユーチューブで話題になっており、それは間違いなく傑作選に入る出来であるとの情報を得て、当探偵社はさっそくユーチューブに飛んだ。

電光石火の前足パンチ

   噂の主は、アメリカ合衆国在住の猫、バート。太い立派な尻尾を持ち、強い攻撃性をうちに秘めている感じである。そして、バートの対戦相手は、ヘリウムガスを入れた猫の形をした風船。日本では、これと似たようなものが「お散歩バルーン」などとして売られているようだ。適度なおもりがつけてあるので、ヒモを引っ張ると、地面の近くとふわふわと、散歩するように進むそうである。

   そのバルーンキャットを、飼主がバートに近づけていく。怪しい動きだ。歯を剥き出しにし、警戒感をあらわにするバート。だが、バルーンキャットはひるまず近づいてくる。次の瞬間、バートは鬨の声とともに、電光石火の前足パンチを繰り出した。

   バルーンキャットにはなすすべはない。バートの一撃でヘリウムガスがすっかり抜けてしまったらしく、白い腹を見せて床に横たわり、ピクリともしない。

   バートは真剣そのものの様子で遺体(?)に近寄り、鼻を近づけてあらためた。飼主たちの笑い声のなか、バートはKOのリングから引き上げるヒーローというよりは、うしろめたい現場から立ち去るお尋ね者のように、急いでその場から走り去った。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中